第19回NSCF杯投げ釣り選手権決勝大会のご報告

e0142505_13345451.jpg


速報でお知らせしたように、日本サーフキャスティング連盟主催による、NSCF杯投げ釣り選手権決勝大会が、平成27年11月15日(日)に開催されました。
本大会は、各協会毎に行われた予選会において、優秀な成績を収めた選手49名により、前夜のパーティーから始まりました。
e0142505_132236.jpg


e0142505_13223017.jpg


e0142505_13365348.jpg

特別副賞日サマーク入りタンブラー


森肇連盟会長のご挨拶に始まり、各予選会から勝ち上がった選手一人一人が紹介され、翌日の決戦に向けゼッケンが配られ、嫌がおうにも盛り上がらずにはいられない発会式となっておりました。
本大会の側面として、各地区選手間の親睦と交流があります。発会式がお開きとなった後にも、各部屋で釣り談義が夜遅くまで繰り広げられていたようです。
一方で天候は下り坂。夜半には宿舎となった大磯プリンスホテル内からも、波の砕ける音が聞こえ始める状況。翌朝の健闘を誓い深夜前には?各自就寝となりました。

一夜明けての大磯海岸は、背丈ほどの波が押し寄せる、正にバッドコンディション。
プライベート釣行なら、まず竿を出さないであろう状況下においても、猛者達は日頃の鍛錬を惜しみなく発揮され頂点を目指しました。もちろん、安全確保には十分に配慮しての対応です。
競技委員長は状況を考慮して、7時過ぎに本部を出発してから、10時20分ストップフィッシングの臨時ルールを発表。予定の2回戦方式から、1回戦での大会に変更となりました。
競技エリアは、大磯プリンスホテル前のスロープ東側から、ゴルフ場下のスロープ東側までと発表され、選手達は身の安全に配慮しつつ全力を尽くします。
結果、思いのほかキスは近距離で釣れたようです。濁りのために外道のイシモチに悩まされつつも、静けさのある一瞬の海の中から小型主体ですが引きずり出された選手達。強者の集まりとあって、このようなコンディションにも関わらず、釣果を得た選手は約半数。流石の一言でした。
そして、栄えある「第19回NSCF杯投げ釣り選手権決勝大会」において、女性会員の優勝者が誕生いたしました。
千葉協会所属 熊谷加寿恵選手です。おめでとうございました。
e0142505_13233749.jpg

優勝
e0142505_13241111.jpg


女性会員も数名在籍する、日本サーフキャスティング連盟においても、投げ釣り界全体にとっても大変喜ばしい快挙でありました。同時に、男性会員には、なお一層の奮起を願ってやまないところでもあります。

e0142505_1339353.jpg

準優勝


e0142505_13394323.jpg

第3位


e0142505_13401697.jpg


e0142505_13403350.jpg


リザルトは速報のとおりであります。http://nscfk.exblog.jp/23874209/をご参照ください。
画像をもって、参加選手のご紹介をさせていただきます。
なお、上位5位までの選手には28年に開催予定の東西対抗100人の会へ、日本サーフキャスティング連盟の代表選手として参加いただきます。先の話しではありますが、ご健闘をお祈りいたします。
e0142505_13251016.jpg

山形地区代表選手


e0142505_13255549.jpg

宮城地区代表選手


e0142505_13301289.jpg

福島地区代表選手


e0142505_1331364.jpg

北陸地区代表選手


e0142505_13264136.jpg

新潟地区代表選手


e0142505_1327226.jpg

茨城地区代表選手


e0142505_13281266.jpg

東京地区代表選手


e0142505_13285871.jpg

千葉地区代表選手


e0142505_13314510.jpg

神奈川地区代表選手

e0142505_13322895.jpg

東海地区代表選手


なお、大会運営には、連盟役員の他神奈川協会員の方にもご支援をいただきました。この場をお借りして本部役員に代わってお礼申し上げます。
e0142505_13331545.jpg



平成28年度も各地区において予選大会が開催される予定です。日程は、3月頃に決定されることと思います。
今回出場のかなわなかった会員各位、また連盟加入されていない方にあっては連盟加入をご検討いただき、栄えあるNSCF杯決勝大会を目指して、予選会へ参加されますようご案内して、決勝大会のご報告を終わります。

おまけ
東北勢の皆さんは毎回大人の遠足!?マイクロバスを仕立て、応援団とともに参加でした。
e0142505_13334458.jpg

車中では出発から到着まで、休むことなくど宴会が繰り広げられているとか。。。
e0142505_1334527.jpg

写真は、極々一部なんだそうです。
[PR]

by NSCF_kanagawa | 2015-11-17 13:44 | Comments(0)  

<< 2016年「初釣り大会」のお知らせ 第19回NSCF杯投げ釣り選手... >>