平成27年度神奈川協会総会の議事内容

過日開催された、表題の総会においての議事内容を次のとおりご報告します。
平成27年度 NSCF神奈川協会総会議事録

日 時  平成27年2付15日(日) 午後2時00分~午後4時00分
場 所  茅ヶ崎建設会館
出席者  (順不同)
      平塚サーフ      清水英夫、鈴木昇、榎本拓也
      茅ヶ崎サーフ     森肇(連盟会長)、矢野久、尾崎尚
      横浜キャスティング  斎亘、吉原克哉(広報)
      ファイティングサーフ 猪熊洋典(会計)
      神奈川サーフ     佐藤正美、上井哲男(事務局)
      湘南鱚友会      和田成都司、遠藤敏幸(会計監査)、西山元
      鎌倉サーフ      片木繁
      チームウルフ     金子智、吉原克秀
      酒匂サーフ      内海智洋(副協会長)
      神奈川投友会     高橋恒治
内 容 1 平成26年度事業報告
     ・神奈川協会主催大会についての報告
      ☞オープン投げ釣り大会春、神奈川地区予選大会、オープン投げ釣り大会秋(中止)、
        クラブ対抗トリオ戦の事業報告ならびに、各行事での役割分担についても報告
      ☞KanagawaCUPの事業報告
      ☞連盟活動支援についての報告(全国大会、初釣り大会)
      ☞広報活動についての報告
     ・全会一致で承認

    2 平成26年度会計・決算報告および監査報告
      ☞事業費775,085円、収入695,279円、繰越金79,806円
      ☞繰越資産として備品類の他、賞品(98,300円相当)、ステッカー(若干数)あり
      ☞会計監査遠藤敏幸氏より適正処理されているとの監査報告
     ・全会一致で承認

    3 平成27年度神奈川協会加盟クラブ確認
      ☞前年同様10クラブで運営されることが確認された
        (平塚サーフ、茅ヶ崎サーフ、横浜キャスティング、ファイティングサーフ、
         神奈川サーフ、湘南鱚友会鎌倉サーフチームウルフ酒匂サーフ神奈川投友会)
      ☞平成27年1月に、クラブ所属以外の神奈川協会所属の個人会員2名の継続申込
        みがあり、会費納入済のとの報告
      ☞個人会員に対する継続加入案内や、事業告知等の連絡を神奈川協会事務局から
        行うことが確認された。


    4 平成27年度事業計画(案)
      ☞オープン投げ釣り大会春 5月17日(日)予備日なし
      ☞神奈川地区予選大会   6月14日(日)予備日6月21日(日)
      ☞オープン投げ釣り大会秋 9月27日(日)予備日10月4日(日)
      ☞クラブ対抗トリオ戦  10月25日(日)予備日11月1日(日)
      ☞予備日開催の際、駐車場はこゆるぎ駐車場(旧滄浪閣)を候補に検討する
      ☞Kanagawa Cupは前年同様、オープン大会2回と、神奈川地区予選会に
        おいてポイント付与しての実施
      ☞各クラブの役割分担(本部支援事業を含む)

              オープン春  神奈川予選  オープン秋  トリオ戦   初釣り(本部)
              5月17日   6月14日    9月27日   10月25日  1月10日

       受 付   投友会     神奈川サーフ  TeamWLF  横浜キャス   平塚サーフ
                                 茅ヶ崎サーフ    

       駐車場  茅ヶ崎サーフ   投友会     平塚サーフ    鱚友会    ファイティング
                        酒匂サーフ                      鎌倉サーフ

       設 営   横浜キャス    平塚サーフ    酒匂サーフ   投友会     TeamWLF
                                                    酒匂サーフ

       検量・審査 TeamWLF  鱚友会     ファイティング   神奈川サーフ  茅ヶ崎サーフ
               酒匂サーフ             鎌倉サーフ     

     ・全会一致で承認
     ・大磯プリンス駐車場本部を基本にして調整し、詳細は役員一任とする。

    5 平成27年度予算(案)
      ・支出は基本的に前年踏襲とし、オープン大会春の賞品代には、前年中止のために
       在庫している賞品(98,300円相当)を充当し支出額を抑える
      ・収入において各事業(大会)の参加費見直しを行う
       連盟会員1,500円、一般2,000円、女性・少年(学生)1,000円とし、増収
       額は賞品代に充てる
         ※女性・少年は会員、一般も同額とする
      ・シニアの部の復活と、女性・少年の部の表彰等の取り扱いは新役員に一任する

    6 NSCF神奈川協会運営規則改正(案)審議
      ☞ 現状の協会所属クラブ数(10クラブ)に対応するため、役員に関する規定の改
        定が提案された
         第三章 機関、第七条: 会計監査を除き兼任可能にするため、「計6名」を削
         除し、第四章 第十二条: 「会計監査を除き兼任できる」旨を追記
      ・全会一致で承認
    7役員改選審議
     ・役員については、規約で1年間を任期とすることになっているが、前副協会長の内
      海智洋氏に協会長をお願いすることとなった
     ・他新役員が以下のとおり全会一致で承認
       副協会長 金子 智(TeamWLF)
       理事(会計担当)  榎本拓也(平塚サーフ)
       理事(広報担当)  田中英之(茅ヶ崎サーフ)
       理事(事務局担当) 西山 元(湘南鱚友会)
       会計監査      片木 繁(鎌倉サーフ)
       常任理事      上井哲男(神奈川サーフ)
                 猪熊洋典(ファイティングサーフ)
                 遠藤敏幸(湘南鱚友会)
                 吉原克哉(横浜キャスティング)
          ※なお、運営規約により、前年の常任理事以外の役員は常任理事として
            新役員をサポートする

    8 その他
     ・神奈川協所属個人会員は前年2名で、本年度継続加入
     ・駐車場使用料については、自動車500円/回、バイク(原動機付自転車を含む)100
      円/回、自転車は無料を継続する
     ・オープン大会参加費を見直すことについて、連盟会員を1,000円とする案も出され
      たが、一般参加を従前の2,000円に戻すこととなった。
     ・設営機材、検量セットの保管について、27年度は次回事業担当クラブで保管を踏襲
      するが、トランクルーム利用や、宮島や釣り具店などを27年度役員で検討し、クラ
      ブ対抗トリオ戦までに結論を出す。
     ・全国大会予選会(神奈川地区大会)の個人会員登録は、受付時での加入を継続する

                                                      以上

[PR]

by NSCF_kanagawa | 2015-02-20 19:00 | 神奈川協会行事 | Comments(0)  

<< 大会日程、一部変更の件 第19回 NSCF杯 投げ釣り... >>